PageTop

草津市観光物産協会

滋賀県草津市観光ガイド

SPOT観光スポット

大路井道標
所在地
TEL
FAX
URL
E-mail
営業時間
定休日
駐車場
アクセス
備考
新東海道と中山道の分岐点

明治19年(1886)3月、アーチ式煉瓦両側石積で造られた旧草津川隧道(通称、まんぽ)の完成とともに、江戸時代260年余り続いた近世の東海道も一新され、現在の県道下笠大路井線の位置に新しい東海道が栗東市新屋敷までの約900m開通することとなります。これにより、従来旧草津川南側にあった東海道と中山道の分岐点は、当時、中山道に面していた覚善寺南西角に移り、明治19年3月に大路井道標が新東海道と中山道の分岐点に建てられましたが、現在は覚善寺門前に移築されています。

あなたも一緒に草津市をアピールしませんか?

草津市観光大使募集

急がば回れのルーツを訪ねての旅
所要時間:約300分 / 約8km
びわ湖・烏丸巡りの旅
所要時間:約300分 / 約8km
古刹を訪ねる
所要時間:約300分 / 約8km
派遣します ボランティア観光ガイド
ヤフーで買える 草津の名産品ショップ