#びわくさフォトコン!とは

「#(ハッシュタグ)びわくさ」を使って、草津の魅力をみんなで一緒に発信できたらいいなとの思いで2020年に初めて開催したフォトコンテストです。たくさんの投稿のなかから草津の魅力あふれる素敵な写真をご紹介します!!

「#びわくさ」フォトコン! 2020入選作品一覧

草津宿場まつりの風景

【特選】草津宿場まつりの風景(草津三丁目)

草津宿場まつり開催までの約1か月間、旧東海道沿いには、提灯やのぼりが並びます。ノスタルジックな草津宿の雰囲気を感じることができます。草津宿場まつりは、毎年4月下旬に開催される宿場町草津の歴史を感じられる草津市内最大級の春のイベントです。草津川跡地公園de愛ひろばや東海道・中山道をはじめとするJR草津駅周辺エリアにて開催されています。

「草津宿場まつり」
アクセス:JR草津駅 徒歩すぐ
概要:宿場町草津の歴史を感じられる草津市内最大級の春のイベント
HP:https://932matsuri.com/

滋賀県立琵琶湖博物館「龍」

【準特選】滋賀県立琵琶湖博物館「龍」

2020年10月にリニューアルした琵琶湖博物館!B展示室には、自然のシンボルである「龍」が迫力満点でみなさまをお出迎えします。

「滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町1091番地)」
開館:10:00~16:30 ※現在、要予約
休館:月曜(月曜休日の場合は開館)、年末年始、臨時休館あり
アクセス:JR草津駅西口より近江鉄道バス烏丸半島行き「琵琶湖博物館」下車
HP:https://www.biwahaku.jp/

三大神社の藤ライトアップ

【優秀賞】三大神社の藤ライトアップ

「砂ずりの藤」と呼ばれる藤の大樹で有名な三大神社。ライトに照らされる夜の藤も幻想的です。

「三大神社(草津市志那町309)」
アクセス:JR草津駅西口より近江鉄道バス 烏丸半島行き「北大萱」下車徒歩5分
※駐車場はございません
HP:https://kanko-kusatsu.com/spot/sandaizinzya2.html

三大神社の藤(昼)

三大神社の藤(昼)

三大神社で例年4月下旬~5月上旬にかけて開花する藤の花。毎年多くの観光客でにぎわいます。同時期には、藤と日本遺産を巡る「出会いバス」が運行し、志那三郷の藤(三大神社、志那神社、惣社神社)や芦浦観音寺(特別一般公開)、サンヤレ踊りなども見学できます。

滋賀県立琵琶湖博物館「おとなのディスカバリー」

滋賀県立琵琶湖博物館「おとなのディスカバリー」

琵琶湖博物館には、様々な昆虫や動物などの実物標本や、古文書などが展示されている、大人も楽しめる展示室があります。知的探求心が満たされる場所!

HP: https://www.biwahaku.jp/exhibition/a_discovery.html

イチョウの木をバックに撮った男の子の写真。
イチョウの木をバックに撮った、赤い帽子を被った二人の子供。

ロクハ公園のイチョウ

ロクハ公園の秋は、イチョウ並木が色鮮やかに紅葉します。他にも、四季折々の植物や鳥たちに出会うことができます。園内には、バーベキュースペースやアスレチック、プールなどがあり、家族みんなで楽しめます!

「草津市立ロクハ公園(草津市追分7-11-2)」
アクセス:JR草津駅東口より帝産バスロクハ荘青地西行き終点下車
HP:https://www.park-698.net/

水生植物公園みずの森「ロータス館」にいる二人のこども

水生植物公園みずの森「ロータス館」

みずの森では、ハスやスイレンをはじめとする水生植物を見ることができます。写真はアトリウム(温室)で撮影されたものです。温室なので一年中花が楽しめます。レストランには、ハス味のソフトクリームが!

「草津市立水生植物公園みずの森(草津市下物町1091番地)」
開館:9:00~17:00、夏季7:00~17:00、冬季9:30~16:00
休館:月曜(月曜休日の場合は翌日休館)、年末年始
アクセス:JR草津駅西口より近江鉄道バス 烏丸半島行き「みずの森」下車
HP:https://www.seibu-la.co.jp/mizunomori/

矢橋帰帆島公園のメタセコイア並木 矢橋帰帆島公園のロープジャングルジム

矢橋帰帆島公園のメタセコイア並木とロープジャングルジム

実は、矢橋帰帆島公園にもメタセコイア並木があり、秋には見事な紅葉を見ることができます!他にも、ピラミッド型の大きなロープジャングルジムやキャンプ、バーベキューが楽しめるエリアもあって、アクティブに一日中楽しめます!

「矢橋帰帆島公園(草津市矢橋町2108)」
アクセス:JR南草津駅より近江鉄道バスイオンモール線(草津総合病院経由)「矢橋」下車
HP:https://www.hikari-g.com/kihan/

立木神社「正月の風景」

立木神社「正月の風景」

古くから厄除開運・交通安全の神社として信仰を集めている立木神社。初詣や節分大祭、七五三参りなどでは、多くの参拝客でにぎわいます。写真は、お正月の時期に撮影されたものだそうです。

「立木神社(草津市草津四丁目1-3)」
アクセス:JR草津駅東口より徒歩約20分
HP:https://www.tatikijinja.net/

史跡草津宿本陣の外観 史跡草津宿本陣の内装

史跡草津宿本陣

江戸時代の姿のまま現存する本陣のなかでも最大規模の本陣で、大名や公家など限られた人しか利用できない宿でした。大福帳(宿帳)には、皇女和宮や浅野内匠頭、新選組や徳川慶喜といった有名な人物の名前が見られます。 写真は、「本陣結婚式」の前撮りの様子。一般公開しているのでぜひお立ち寄りください。

「史跡草津宿本陣(草津市草津一丁目2番8号)」
開館:9:00~17:00
休館:月曜(月曜祝日の場合は翌日休館)、祝日の翌日(土日と重なった場合は開館)
年末年始
アクセス:JR草津駅東口より徒歩10分
HP:https://www.city.kusatsu.shiga.jp/kusatsujuku/honjin/

不動浜のひまわり畑

不動浜のひまわり畑

不動浜ふるさと環境を守る会のみなさんが南山田町の休耕田を利用し、たくさんのひまわりを植えられています。一般的な見ごろは8月頃。
※年によって作付数や見ごろの時期は変動します。

「不動浜のひまわり畑(草津市南山田町1298)」
アクセス:JR草津駅西口近江鉄道バス南草津西口線「不動浜」下車徒歩3分
所在地:https://g.co/kgs/G6HihJ

南田山(なんだやま)稲荷神社の古墳

南田山(なんだやま)稲荷神社の古墳

野路の南田山にある神社の境内奥に古墳時代後期の円墳が現存しています。横穴式石室を見ることができる市内唯一の古墳です。

「南田山稲荷神社(草津市野路町1247)」
所在地:https://g.co/kgs/o5pYie

弁天池

弁天池

池の中央には孤島があり、水の神、弁才天が祀られています。かつては東海道の東側一帯にも池が広がり、池の中を東海道が通る景観は、江戸時代の道中絵図類で紹介される名所となっていました。江戸時代のガイドブック「東海道名所図会」に、野路の玉川とともに描かれており、江戸時代の旅人から親しまれた弁天池ですが、この池は江戸時代に農業用にと人の手で造られたため池でした。

「弁天池(草津市南笠東一丁目7-34)」
アクセス:JR南草津駅から徒歩約20分

小槻神社「もみじ祭り」

小槻神社「もみじ祭り」

小槻神社は、延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)に載る旧栗太郡八座のひとつにあたる古社で、境内には推定樹齢100年以上といわれるツブラジイの大木があります。写真はもみじ祭りの時期に撮影されたそうです。もみじ祭りは毎年11月23日(祝)の新嘗祭に合わせて開催されています。

「小槻神社(草津市青地町873番地)」
アクセス:JR草津駅東口より帝産バス「志津小学校前」下車徒歩5分
HP:https://www.otsukijinja.com/

伊砂砂神社「花踊り」

伊砂砂神社「花踊り」

本殿は、応仁2年(1468年)に建てられた、檜皮葺(ひわだぶき)素木(しらき)の一間社流造(いっけんしゃながれづくり)で、室町時代の趣が今もなお残ることから国の重要文化財となっています。写真は、文明元年(1469年)に雨乞御礼として踊り始めたと伝えられている「古式花踊り」の様子です。毎年9月13日の灯明祭の時に奉納されます。

「伊砂砂神社(草津市渋川二丁目2-1)」
アクセス:JR草津駅下車 徒歩10分
HP:https://www.isasajinja.com/

#びわくさフォトコン!
2021を開催します!